更年期対策

更年期対策の頼れる味方 おすすめ更年期サプリ

 

更年期対策用の更年期サプリの商品は、色々なものがあって迷ってしまいます。
値段が高いものから安いものがあり、更年期サプリに使われている成分もまた商品それぞれで異なります。
自分にあったこれだと思った成分の中から長く続けられる手ごろな値段の更年期サプリをみつけたいものです。

更年期対策,サプリ,効果,ストレス

 

更年期サプリは典型的な更年期症状のホットフラッシュやめまい、不安感といった症状を和らげる狙いで作られています。
食事でももちろん更年期の対策はできますが、余計なカロリーを摂取しなければいけなかったりアレルギー等で中々食事に取り入れられないものもあります。
そうした更年期対策の悩みをもつ40代〜50代の女性の為に考えられて商品化したものが更年期サプリです。
更年期サプリに含まれている更年期にいいとされる成分はエクオールや大豆イソフラボン、
またサポニンやプラセンタといったものがメインに配合されており、これらの成分が更年期障害の対策に大きく役立つと言われています。
「より詳しく知りたい」「自分に合った更年期サプリを探したい」という方は更年期サプリランキングを参考にすると良いかもしれません。
人気のある更年期サプリがランキング形式で紹介されていて、価格や配合されている成分など詳細な情報も載っているので選びやすいと思います。

 

もしかして更年期?更年期が訪れるのはいつ?

 

女性ホルモンのバランスが急に乱れてカラダのあちこちに変化が見られるのが更年期。
更年期の不調は40代からあると一般的にいわれており更年期は誰にでもあるものでこればかりはどうにも逃れようのないものです。
どうせ同じ更年期ならできるだけにラグに過ごしていきたいと誰しもが思いますが中々難しいものです。

 

閉経の年齢が更年期の不調と関係していますがはっきりと「〜歳から」と決まっているものではありません。
閉経が始まるタイミングの早い遅いは遺伝とも関係性が低く初経からの年数とも関係性が低いものとされています。
共通する事例として日常生活にストレス、例えば仕事があまりにも多忙であったり夫婦関係や子育てにうまくいかないといった悩みによる過度なストレスが閉経を早めることが多いようです。

 

更年期ときくと40代の女性のみなさんはとても不安な思いをされるかと思います。更年期による閉経が始まる前の段階として月経のペースが不定になります。
今まである程度決まった周期で月経があった人が急に早まったり遅れたり間隔が安定しなくなってきます。また月経が続く日数も短い数日の場合から2週間と長く続く場合があります。
月経の量も増えたり減ったりするようになります。40代になって月経が不安定かな?と思うようであれば更年期に入ったと判断してもいいと思います。
更年期と間違えやすい病気に子宮がんの不正出血や子宮筋腫や甲状腺などの病気による月経の異常と明確な区別がつかないのでその点に注意する必要があります。
更年期とそれらの病気との違いとして顔が急に熱くなるホットフラッシュや手足の冷え性、動機息切れや不眠、精神的なものでいえばイライラや無気力などの症状も出てきます。

 

間違い無し?更年期障害の治し方

 

更年期障害は医療の力でも十分に治すことができます。古くからある人参をはじめとした漢方薬治療やカウンセリング療法そしてホルモン補充療法です。
最近ではホルモン補充療法が注目されているようです。女性ホルモンを身体の外部から補充することで自律神経を整えて更年期特有の不調を防止する両方です。
ホルモン補充療法はホットフラッシュや不眠症だけでなく骨粗しょう症や動脈硬化のような生活習慣病の防止にも役に立つと期待されています。
この治療法での主な目的は更年期の際の急激なホルモン減少による身体のショックを和らげることが目的です。ホルモン減少を緩やかにすることでホットフラッシュをはじめとした
更年期特有の症状を抑えることができるそうです。
昔は「更年期くらいで病院へ行くなんて大げさだ」という方も少なくなかったようですが少しずつ更年期障害の意識が高まってきていて病院治療を選ぶ方も増えているそうです。
一方でアメリカではホルモン補充療法は乳がんや心疾患のリスクを高める可能性があるともいわれており副作用の懸念があります。
アメリカでの実験結果がまだまだ不明瞭なことも多くありアメリカ人女性と日本人女性の食生活や生活習慣の違いや遺伝的なものの関係性からはっきりとしたことはわかっていません。

 

漢方薬による治療は西洋の医療とは異なる長い歴史からなる治療法です。漢方によって身体全体の調子を整えて身体そのものがもつ身体の調子を整える力を高めるのが
漢方薬治療の目的になります。冷え性や頭痛、肩こりやめまいといった症状に効果的と言われています。ホルモン補充療法と比べると比較的気楽に治療をはじめられるところがメリットといえます。最近では漢方薬由来の更年期サプリメントの商品が人気となっています。漢方薬も更年期サプリも効き目が緩やかであるからと言って副作用が無いわけではありませんから
万が一更年期サプリや漢方薬がご自身の身体に合わないなと感じたり体調を崩すことがあれば服用を中止するか服用する量とペースを抑えてみるといった工夫が必要です。
自律神経調整剤やビタミンE剤といった処方箋で得られる薬を使うのもいいでしょう。

 

カウンセリングによる更年期障害の治療法は更年期障害に悩む方の環境や生活習慣や食事の栄養等を総合的に考えて本人に最も適した習慣改善を行う治療です。
例えば食事の栄養面を改善して調子を整える食事療法や精神的なバランスを整える為の自立訓練法をはじめとした心理学療法を行います。
日常生活のストレスになることに関するちょっとしたアドバイス等も行っているようです。

 

 

心の持ち方次第で更年期が軽くなる

 

趣味を広げて自分の世界を生きてみる

 

旦那さんやお子様の面倒を見る毎日に疲れていませんか?更年期の不調はストレスとも密接に関係しています。
まずは自分の世界を生きてみることから始めてみましょう。テニスや護身術のようなスポーツや武道を習ってみるとか音楽や書道、茶道やアトリエのような創作活動をはじめてみるのも効果的です。
これらの新しい活動は今まで刺激されていなかった五感に働きかけてストレスや疲労回復といった効果があるようです。
友人との旅行や地域のボランティア活動や将来役に立つようなスキルの通信教育をはじめてみる等なんでも構いません。

 

自分を追い込むのをやめる

 

更年期の不調を訴える方の性格として頑張り屋であったり完璧主義な方が多いと言われています。自分の時間を犠牲にして家族や地域の方の為に無理をしてしまう人が更年期の不調にくるしんでいるパターンがあります。
今まで十分に頑張ってきた自分に自信をもってこれからは自分を大切にする心構えに切り替えていくことも更年期の対策になりうるのです。
自分の良いところは自分が良く知っているはずですから自分を許し褒めたたえる気持ちを常にもって生活していきましょう。

 

 

家族の理解が更年期対策の第一歩

 

更年期の不調は何となくつかめない精神的な症状まであり本人にとってつらくても家族には中々わかってもらえないということが沢山あります。
同じ世代でも体質や性格によって症状が重い方や全くつらい不調の無い方まで幅広いので「自分ばかりわがままをいってるんじゃないか」というような扱いを受けることもあります。
人それぞれ症状が異なることや精神的に辛い状態で自分から言い出すことへの抵抗感があって中々自分の辛い症状を説明することが難しくなります。
これには家族の協力が不可欠で良く本人の話を聞いてあげられる心が休まる環境が必要になってきます。
相手を思いやる気持ちは画期的な治療法や更年期サプリ以上に身近で効果的な薬なのです。

 

参考リンク一覧
北里大学北里研究所病院
女性心身医学 一般社団法人 日本女性心身医学会